2019年10月16日

akeru’s values #4「怒りを認め、活かす 」

SHARE!

akeru’s values、4つ目の公開です。 

 

4. 怒りを認め、活かす

怒りは、行動の原動力である。何かの事象に対して、直観的に怒りを覚えるときはある。

その自分を否定せず認める。なぜ怒りを覚えたのかを自分に問う。

怒りのピークは6秒。その間に自問し、思考し、行動へと変換する。怒りはチャンスである。

怒りを、他者を批判する原動力にはしない。新たな発見と行動のために、活かす。

 

 

僕が好きな言葉の一つに、以下の言葉があります。

「1%でも自分が悪かったら、謝りなさい。100%相手が悪くても怒ってはいけない」

 

24か25歳に聞いた言葉だったと思います。

 

聞いた時に「かっこいい。実践できる人間になりたい。」そう思って、

まずは形から入ったことを覚えています。

 

そこから数年が経ちましたが、今の自分がそのようになれているとは、まだ思えません。

ただ、確実に「怒り(苛立ち)」に対しては、コントロールできるようになりました。

 

“怒り”を、ネガティブな感情と捉えることなく、

【自らに問うきっかけ】だと考えるようになりました。

 

“怒り”との付き合い方が変わったと考えています。何に対して怒り(苛立ち)を覚えたのか。

そこにフォーカスすることで、自省の機会となっています。また、事業へのヒントにもなっています。

 

この経験を大切にしたく、valuesに加えました。

”怒り”を大切に扱い、akeruと自らの発展に活かす。まずは自分が、日々実践です!

 

 

 

次回は、【5. 入り口は偶然、出口は必然】です。お読みいただきありがとうございました。

SHARE!

contact

サービス内容に関するご質問、
イベントのお問い合わせなど、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら