髙橋 要

ライター/まちづくりコーディネーター

1988年山形県生まれ。

新潟、京都での生活を経て、2015年に地域おこし協力隊として福井に移住。限界集落での地域づくりに携わりながら、ウェブメディアのライター、事業創造プロジェクトの運営事務局、まちづくりのコーディネーター、デザイン事務所が運営するショップのマネージャーなど、多方面で活動中。

2019年5月より㈱akeruにジョイン。

 

肩書き

・ローカルコーディネーター
・ライター
・編集者

 

好きな〇〇

好きな食べ物
・ラーメン
・寿司
・カヌレ

好きなJYPアーティスト
・TWICE
・ITZY
・NiziU

好きな場所
・個人経営の小さな居酒屋
・細い路地があるまち
・ばあちゃんのいる畑

好きなラーメン屋
・熊文
・上越家
・三日月軒 東中の口店

好きな本
・嫌われる勇気
・小説 上杉鷹山
・モテるまちづくり

好きな風習
・塞の神
・秋祭り
・地蔵盆

好きな映画
・大脱走
・オーシャンズ11
・CODA

好きな記号
・〜
・◎
・|

 

私ってこんな人

村が好き。大学卒業後、教員を目指して新潟の大学院に進学したはずが、修了後には、気がつけば小さな限界集落で暮らしていました。その村はぼくの第二のふるさととなり、ふとしたときに思い出す大切な場所に。どんなときもぼくを無条件で受け入れてくれる村の人たちの優しさに、今でも救われています。写真は、村でお世話になった小林マサトシさん。ぼくの親分です。

山形県民のソウルイベントである「芋煮会」を、毎年欠かさずやってます。新潟でも京都でも福井でも。秋になったら「芋煮会しなきゃ」とそわそわします。山形のソウルフードの芋煮を「おいしい」って言ってもらいながら、みんなでわいわい食べるのが最高っす。

member

contact

サービス内容に関するご質問、
イベントのお問い合わせなど、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら