村上 純一郎

コーディネーター

1991年福井県出身。

金沢大学卒業後、福井県内の会計事務所に就職。

新卒採用担当の経験から人材育成・キャリア教育の必要性を感じ、東京の教育系NPOに転職。

異動ののち、東日本大震災の被災地で中高生向けの教育支援事業に関わる。

2020年5月にakeruにジョイン。

私ってこんな人

小さいときからサッカー少年!
7歳から26歳までサッカーをやってました。
今では見る専門で、毎週末Jリーグや海外サッカーを家で観戦しています。
好きなチームはリバプール。
死ぬまでにリバプールのホームスタジアム、アンフィールドでサッカー観戦をするのが夢です!

akeruにジョインする直前まで、岩手県大槌町に2年ほど住んでいました。
東日本大震災で津波被害にあった町です。
僕が移り住んだときには震災から7年が経っていましたが、日常のふとした会話や風景の中に震災の爪痕を感じることが多々ありました。
そんな町にいる中高生や大人の方々の話を聞く中で、「共感できなくても寄り添う」ことの重要性を感じ、それが今の自分の人と関わるときのスタンスになっています。

member

contact

サービス内容に関するご質問、
イベントのお問い合わせなど、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら