2019年9月24日

経歴

開催日時

2019年10月10日(木)

時間

18:30~21:00

場所

〒910-0006 福井県福井市中央3-5-12-1F

参加費用

1,000円

募集人数

12名(学生限定)

エントリー

SHARE!

水上 大輔(みずかみ だいすけ)

経歴

福井市で生まれて福井市で育ちました。とりあえず学校群を受けて落ちて滑り止めの北陸高校に行きました。そこから近いという理由で福井大学に。
昔からおばあちゃんに「公務員は楽でいいよー、公務員なんてみんな5時で帰ってるから楽だよー」
と騙され市役所に入ると入った途端から残業たくさんの課でとっても辛かったことを覚えてます。

親が土建屋だから土木職で入ると親の会社に仕事が振れるかと思って土木で入るとそんなことないっていうことがわかりました。
道路課の時はただただ苦情に耐えていました。公園課の時に市民の方と一緒に公園を作るということから市民と触れる機会があり、そのあたりから外に飛び出すように。
ワンパークフェスで使われていた福井市中央公園は僕が作った公園です!

今は下水の課で下水管を布設する工事を発注したり現場管理したりしてます。
その合間に捨てるマンホールのふたを一般の人に販売してます!
マンホールを使った広報事業を広報の担当でもないのに企画し何個か運営してます。

マンホール販売して全国ニュースとかにも出させてもらったんですけど、
プライベートでも捨てる国体のポロシャツを集めて海外に送ったり、福井のカレーを紹介したりしてテレビに出させてもらったりしてます!

 

 

野澤 幸佑(のざわ こうすけ)

経歴

坂井市三国町で生まれ三国高校卒業まで家~学校まで自転車通学5分程度の距離で青春を過ごす。

小学校から続けていた野球を高校まで続け、無事に高校球児を満喫。
やりたい事は特に見つからないまま指定校推薦にて関西大学へ進学することに。

ここで事件が発生!
自分の未来に関心がなかった為、
確認ミスによる学部の間違い心理学専攻へ進学することになると担任から一言あり、何か面白そうだしそこでもいいかなと進学を決める。

10年続けた野球を捨て、大学では頼まれたら断れない性格から学生相撲の道へ。ただ、やるからには全力を!その結果、西日本3位の成績を納めることに!!

順風満帆な中、まさかの血液のガンを発症。一年に渡る治療の末、万全復帰を果たす!
就職は地元福井の為にを想い福井鋲螺に就職し、 営業として名古屋支店配属。7年間を名古屋で過ごし、  某T自動車の部品を担当。
野澤さんが来ると打合せが明るくなるとお客様から度々ご評価頂く。

子供が生まれた時にソニー生命保険と出会い、自分のこれから30年間を考える機械を得る。
生命保険を通じて、人の生き方や 夢をサポートすることができる仕事があると知り、自分の進むべき道を見いだす。

これまでの生き方はすごく狭い見識の中で固められたものだったと気がつき新しい生き方にチャレンジしたまま、現在に至ります!!!

 

大連 達揮(だいれん たつき)

経歴

身長184cm 80kg。
うさき年でおとめ座。
既婚で、2児の父。

幼稚園児の時からかぎっ子で、
さらに一人っ子のためか、
冷蔵庫にプリンが3つあったら、
全部自分が食べていいと思っていた。
(結婚後、3人兄妹の妻との感覚の違いに気落ちするも更生。)

 

小学生のころはとっても太っていて、
身長と体重のバランスは、最大[+32]あった。

「でぶりん」と呼ばれることもあった。

給食で、
おにぎりやデザートが余っていたら、
必ずじゃんけんに参加するタイプ。

中2のころ、進学先を考えた時に、
「普通科の”普通”って、どう普通?」と大いに疑問に思い、

高専と、卓球強豪校の福井商業で迷う。

卓球のために福商に。

入学後、
三国という港町で育った僕は、
福井市内で幼少期を育ったのであろうシティガールたちに、
大いに衝撃をうける。

が、色気づく暇もなく、部活中心の生活を送る。

ちなみに、部活が完全に休みの日は年間10日もなく、
散髪は自宅の風呂場で母にやってもらっていた。
(ありがとう!)

運動神経は子供の時から割といい方で、
球技は何でもイケる口。

器械運動は苦手。

逆上がりが初めてできたのは高校2年の秋。

体育で、みんなの前で一人ずつやることがきまり、
その1週間前から家の近くの公園で毎日”コソ練”した。

この時、

「人は追いつめられるとなりふり構わず行動するものなんだな」

と、学ぶ。

 

また、このころ、

授業で「ベンチャー企業」という言葉を知り、
起業への興味を持ち始める。

そして・・・

・・・

今に至る。

高2で「ベンチャー企業」という言葉を知り、
その15年後が、今の僕です。

この年月、どう考え、何をしてきたのか。

そんなお話をさせてもらい、
参加した学生のその後の人生のため、

1つでも価値ある情報を伝えたいと思っている、

akeru のファウンダー であり、代表です。

 

向川 恵(むこうがわ めぐみ)

経歴

高校に受かることを目標に勉強しまくっていたので、高校入学とともに目標を見失い落ちこぼれる。

指定校推薦でなんとなく大学に進学し、なんとなく商社に入社して経理業務を担当する。

ある日、「普通」な自分の人生に飽きがきて福井に帰ろうと思い立つ、

Uターン支援センターの職員の方に、自分の希望の働き方をわがままに話していたら今の会社の代表を紹介される。

後日代表とカフェで2時間話をして転職することが決まる。

そして今、akeruでバックオフィス業務やメンバー制のカフェの運営など、とても充実した毎日を送っています。

エントリー

contact

サービス内容に関するご質問、
イベントのお問い合わせなど、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら